GOLD CASTLE COFFEE | 2017 | 11月

カフェイン量について

珈琲のカフェイン量は100mlあたり40mg~70mgといわれています。カフェインの効果としては、覚醒作用、解熱鎮痛作用、強心作用、利尿作用などがありますが、最も知られているのは眠気を覚ます覚醒作用です。カフェインが脳の中枢神経に働き、興奮状態になり、眠気が覚めます。その他にあまり知られていませんが、解熱鎮痛作用があります。特に頭痛の痛みに効果があり、頭痛薬の成分を調べてみるとカフェインが含まれていることがありますが、それはこの効果を期待しているからといえます。特に偏頭痛の痛みを和らげる作用があります。

その他に知られている作用としては、強心作用があります。心臓の働きを活発にさせる効果です。このカフェインによって、心臓の筋肉の収縮が増加し、血圧や心拍数が増加します。最後に、利尿作用です。体の中の余分な水分を排泄し、体のむくみのとったり、血圧を下げる効果があると言われています。カフェインは一時的に血管を収縮させるため血圧が上がりますが、尿の量が増えることで、血液中から水分が減ると、最終的には血圧が下がるのです。