GOLD CASTLE COFFEE | コラム

コラム

コラム

美味しいコーヒーの淹れ方や、コーヒーに関する豆知識など、コーヒーを飲みながら楽しんでいただけるような情報をお届けします。

焙煎度合いによるテイストの違い

香り、苦味、酸味は珈琲豆の焙煎度合いで決まる!同じ豆でも焙煎が違えば味わいや香りも大きく異なる。豆の特徴や飲み方に合わせた焙煎が重要です!

珈琲のカフェインについて

一杯の珈琲に含まれるカフェイン量は40mg~70mgくらいで、紅茶は10mg~30mgといわれています。カフェインがどのような影響を与えるのでしょうか?

抽出する温度が大切です。

抽出する際のお湯の温度は、おいしいコーヒーを淹れる重要な要素です。熱すぎると苦味が目立って、シャープな印象の味わいになります。また、温度が低すぎても酸味が目立って感じられ、何か物足りない印象の味わいになります。GOLD CASTLE COFFEEでは、お湯が沸騰してから2,3分経った90度前後のお湯をおすすめしています。

一人分10g、その後は5gずつ!

あまり豆からコーヒーを抽出したことがない人は、一人分に対するコーヒー豆の量はどれくらいがよいのかわかりませんよね。。

アラビカ種がレギュラーコーヒーに多く使用されているんです!

コーヒーの品種は大きく分けてアラビカ種とロブスタ種に二分できます。アラビカ種はエチオピアが原産で、病気や害虫、乾燥などに弱く、栽培が難しい。 アラビカ種にもいろいろありますが、その中でも突然変異などを利用し、 遺伝特性で優れたものを選んで栽培したものです。

栽培から消費するまですべてにおいて追及されたコーヒー

産地の特徴を活かし、風味、香り、質感、後味、酸味、などすべてに高評価を得るために、栽培から収穫、消費までにおける工程を一貫してハイクオリティを保たれたコーヒーのことを指します。