GOLD CASTLE COFFEE | コーヒー豆ができるまでの作業

ページトップ画像

コーヒー豆の収穫

珈琲豆が摘まれるまで

コーヒーはパーチメントと呼ばれる厚いベージュ色の内果皮の状態で播くと2ヶ月前後で発芽します。その後3-4年かけて成長し、乾燥期の雨の後に開花します。落花後、数日してなった緑色の実が6~8ヶ月かけて結実し、赤く完熟した「チェリー」と呼ばれる状態になります。一般的には手摘みで収穫されます。

出荷されるまで

収穫を終えると今度は精選の工程に入ります。この工程では果肉や殻などを取り除く精製の作業と、選別の作業に分けられます。その後、袋詰めされ輸出されていきます。工場の到着後、さまざまな製品に製造や加工されます。珈琲鑑定士が出港、入港、倉庫からの出荷前などその都度カッピングを行い珈琲の味を確かめています。