GOLD CASTLE COFFEE | 焙煎度合いによるテイストの違い

ページトップ画像

焙煎の種類

5段階の焙煎度合い

焙煎の種類には大きく分けて5段階あります。最も浅煎りがシナモンローストと呼ばれる焙煎度合いで、順に、ミディアムロースト、ハイロースト、シティロースト、フレンチローストと深煎りになっていきます。一般的に浅煎りは酸味が強く、豆自体の味が直接するためテスト用などに使われることが多いです。一方、深入りは酸味が少なく、苦味が強いテイストになります。スターバックスやタリーズなどで出されている豆はフレンチローストのタイプが多いです。

豆の特徴や飲み方によって適切な焙煎を選ぶ!

ちなみに、エスプレッソを作る時は、深煎りの豆を使うのが一般的。ミルクを入れるアレンジコーヒーやアイスコーヒーにも適しています。フレンチローストよりも深煎りのイタリアンローストは豆の個性がでにくいため、あまりおすすめしない店舗が多いです。焙煎度合いの調節は豆の特性によって使い分けることで、おいしいコーヒー豆ができあがります。